高野山大学トップ藤吉トップ
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 
■■デュルケーム/デュルケーム学派研究会■■
Japanese Association for Durkheimian Studies
 
トップ過去の研究会ニューズ レター
高野山カンファレンス2004
受賞お祝い震災お見舞い
 
 
depuis 20060508
 
■■ 会員のみなさまに世話人よりお願い
 
 
■■次回の研究会
■第34回(科研費研究「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か――デュルケーム社会学を事例として」第4回全体研究会)
■2017年4月15日(土) 13:00〜
■文京学院大学 本郷キャンパス B館410教室 マップは→こちら
 
■プログラム
総会 13:00〜13:30
報告 13:30〜17:30
第1部 自由報告 13:30〜15:00
赤羽 悠(東京大学)
「デュルケムの社会学的思考と政治哲学――「世論(opinion)」の概念を手がかりに」
  コメンテーター:池田祥英(北海道教育大学函館校)
  司会:中島道男(奈良女子大学)
 
第2部 科研関連報告ミニシンポジウム 15:15〜17:30
共通テーマ:社会学教育におけるデュルケーム/デュルケーム学派――日仏英米独の事例から
小川伸彦(奈良女子大学)
「索引の中のデュルケーム――装置としての教科書から<古典化>プロセスを解読する手法について」
横山寿世理(聖学院大学)
「デュルケーム社会学の語られ方――日本の社会学教科書分析を通して」
川本彩花(京都大学)
「日本の社会学教科書における理論・学説の教授法」
梅村麦生(京都大学)
「ドイツの大学教育における社会学史・社会学理論とデュルケーム――シラバスと教科書から」
白鳥義彦(神戸大学)
「日本およびフランスの社会学教科書におけるデュルケーム」
 
全体討議
  司会:江頭大蔵(広島大学)
●第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
●第2部は、全体討論の時間を30分ほど見込んでいます。
●例会終了後、情報交換会を予定しております。
 
 
■■最近の研究会
■第33回
■2016年10月22日(土) 13:00〜
■奈良女子大学 文学系S棟128室 マップは→こちら
 
■プログラム
総会 13:00〜13:30
報告 13:30〜17:30
第1部 自由報告 13:30〜15:30
池田祥英(北海道教育大学函館校)
「デュルケーム/デュルケーム学派とガストン・リシャール」
  コメンテーター:北垣 徹(西南学院大学)
  司会:江頭大蔵(広島大学)
 
第2部 科研関連ミニシンポジウム 15:45〜17:30
「海外でのフランス社会学受容について――スペイン、韓国、台湾を事例に」
報告
「日程・概要など」 藤吉圭二(追手門学院大学)
「スペイン調査について」 吉本惣一(横浜国立大学) 川本彩花(京都大学)
「韓国調査について」 林大造(神戸大学) 中倉智徳(立命館大学)
「台湾調査について」 速水奈名子(神戸大学) 
  司会: 小川伸彦(奈良女子大学)
 
●第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
●第2部は、各35分(報告約25分・質疑約10分)・全体討論30分です。
 
 
■第32回
■共催:科研費研究「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か――デュルケーム社会学を事例として」
■2016年4月16日(土) 13:00〜17:30(予定)
■文京学院大学(本郷キャンパス)B館408教室 アクセスは→こちら 
 
■プログラム:
総会 13:00〜13:30
報告 13:30〜17:30
第1部 自由報告 13:30〜15:00
 芦田徹郎(甲南女子大学)
「人格的共同社会と人類的共同社会のあいだ――デュルケームのculte de l'hommeとサン=テグジュペリのculte de l’Hommeをめぐって」
  コメンテーター:梅沢精(新潟産業大学)
  司会:江頭大蔵(広島大学)
 
第2部 科研関連報告ミニシンポジウム 15:15〜17:30
共通テーマ「社会学的方法の規準成立の“周辺”」
 太田健児(尚絅学院大学)
「社会思想から“社会学”へ――実証主義の系譜の再編の試み」
 北垣徹(西南学院大学)
「ジャン=マリー・ギュイオーの宗教論と道徳論」
 小関彩子(和歌山大学)
「抽象的思考と具体的現実認識における社会の役割」
 
全体討議
 司会:小川伸彦(奈良女子大学)
 
●第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
●第2部は、各35分(報告約25分・質疑約10分)・全体討論30分です。
 
 
■第31回
■2015年10月10日(土) 13:00〜17:30(予定)
■奈良女子大学 生環系E棟107室 アクセスは→こちら 
 
■テーマ:調整中
 
■プログラム:
総会 13:00〜13:30
 
第1部:自由報告 13:30〜15:00
 
(1)9.11テロからイラク戦争へ――「集合意識」による解明・試論
    飯田剛史(大谷大学)
  コメンテーター:林 大造(神戸大学)
    司会:江頭大蔵(広島大学)
 
(2)ミニ報告:デュルケーム受容史をめぐって
   報告者調整中
  
 
第2部 科研関連報告ミニシンポジウム 15:15〜17:30
報告
江頭大蔵(広島大学) 「自殺論」の解釈史
岡崎宏樹(神戸学院大学) バタイユのデュルケーム解釈
中島道男(奈良女子大学) 「バウマンのデュルケーム解釈」
白鳥義彦(神戸大学) 「パーソンズに対するデュルケームの影響」
横山寿世理(聖学院大学) 「アルヴァックスに対するデュルケームの影響」
全体討議
    司会:小川伸彦(奈良女子大学)
 
*第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
*第2部の報告時間は15〜20分です。
 
 
■第30回
■2015年4月18日(土) 13:00〜17:30(予定)
■文京学院大学 本郷キャンパス B号館408教室 アクセスは→こちら 
 
■テーマ:デュルケムとベルクソン
 
■プログラム:
第1部:総会 13:00〜13:15
 
第2部:研究報告 13:15〜17:30
 
(1)デュルケムの「道徳的個人主義」について
    野々村元希(同志社大学大学院)
  コメンテーター:杉谷武信(日本大学)
    司会:小川伸彦(奈良女子大学)
(2)デュルケムとベルクソンにおける知性と知性を超えるもの――概念的思考の位置づけ――
   小関彩子(和歌山大学)
  コメンテーター:太田健児(尚絅学院大学)
    司会:江頭大蔵(広島大学)
 
*報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
 
■第29回
■2014年10月11日(土) 13:30〜18:30(予定)
■和歌山大学教育学部 アクセスは→こちら 
 
■テーマ:
 
■プログラム:
第1部:総会 13:00〜13:15
 
第2部:研究報告 13:15〜17:15
 
(1)ブルデューとともに、ブルデューを乗り越える
――ブルデュー理論における主観/客観の関係についての再検討――
   村田賀依子(奈良女子大)
  コメンテーター:中倉智徳(大阪府立大学)
    司会:江頭大蔵(広島大学)
(2)デュルケーム命題集への試み
    大野道邦〔レジュメ参加〕・小川伸彦(奈良女子大学)・
    山田陽子(広島国際学院大学)・吉本惣一(横浜国立大学)(50音順)
    司会:小川伸彦(奈良女子大学)
    (附)科研費申請についての経過報告
 
 
■■趣旨
  世紀転換期のグローバルなレベルにおける社会的、文化的な変化の中にあって、最近、国際的にも国内的にも、デュルケームやデュルケーム学派の業績の再評価 の気運が高まってきている。わが国においても、若い世代を中心としてデュルケーム/デュルケーム学派に関心を抱く研究者が増えつつある。
  このような状況を考慮に入れつつ、前世紀転換期の古典であるデュルケーム社会学、および、その発展型としてのデュルケーム学派について調査・研究すること によって、現世紀転換期の社会・文化・人間の構造や動態を分析・説明・解釈するための基礎的・原理的なパースペクティヴを明らかにしたい。このために相互 啓発的な研究会を定期的に開催する。
 
■■沿革
  以上のような趣旨のもと2000年9月、奈良女子大学・大野道邦教授、奈良女子大学・中島道男教授、広島大学・江頭大蔵助教授(いずれも肩書きは当時)の 呼びかけにより、第1回研究会が奈良女子大学で開かれ、その後はこの3名が世話人となって半年に1回、4月と9月に研究会を開催してきた。発足5年目の 2004年にはジンメル研究会との共催で「高野山カンファレンス2004 デュルケーム=ジンメル合同研究会」が高野山大学(和歌山県)において開催され た。
 2005年5月より大野道邦教授(京都橘大学)が新たに設けられた会長に就任し、世 話人の後 任には小川伸彦助教授(奈良女子大学)が就任した。
 
■■会員のみなさま にお願い
 研究会メーリングリストに加入しておられない方、メーリングリストによるメール (2007年9月17日付で、本HPに次回例会情報がUPされた旨、お伝えしました)が届いていない方がおられましたら、世話人にご連絡ください。
 
■■■デュルケーム/デュルケーム学派研究会
■■顧問
■大野道邦
 
■■世話人
■中島道男(奈良女子大学)
 
 
■江頭大蔵(広島大学)
 
 
■小川伸彦(奈良女子大学)
 
 
■研究会へのお問合せはメールにて世話人あてお願いいたします。
 
■■研究会サイト管理人
■藤吉圭二(高野山大学)
 
 
トップ過去の研究会ニューズ レター
高野山カンファレンス2004
受賞お祝い震災お見舞い
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 
高野山大学トップ藤吉トップ