本学トップ藤吉トップ
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 
■■デュルケーム/デュルケーム学派研究会■■
Japanese Association for Durkheimian Studies
 
トップ過去の研究会ニューズ レター
高 野山カンファレンス2004
震災お見舞い受賞お祝い
 
 
depuis 20060508
 
■■ 会員のみなさまに世話人よりお願い
 
◆本研究会は下記ツイッターでも情報発信しています。
https://twitter.com/Durkheimians
 
■■次回の研究会
■第40回デュルケーム/デュルケーム学派研究会例会
■2021年3月21日(日)
13:00〜総会(会員のみ)
13:30〜研究会(一般参加歓迎・申込方法は下記★以下参照)
■Zoomでのオンライン開催(ミーティングID・URL等は参加される方に別途お知らせします)
■プログラム
総会 13:00〜13:30(会員のみ参加)
報告 13:30〜17:30(会員+一般参加)
◆第1部 自由報告 13:30〜15:15
 山田陽子(追手門学院大学)
  新型コロナ禍における女性の自殺−『自殺論』再考
 コメンテーター:江頭大蔵(広島大学)
 司会:未定
 *報告時間は40〜60分、コメントは15分程度、その後全体討議。
◆第2部 合評会 15:30〜17:30
『社会学の基本 デュルケームの論点』を読む
*パート1:講評 15:30〜(各20分程度)
 評者:油井清光(神戸大学名誉教授)
 評者:流王貴義(東京女子大学)
*パート2:全体討議 16:30ごろ〜
司会:小川伸彦(奈良女子大学)
========================
★付記:非会員の方の参加申込方法について
メールで2021年3月18日(木)までに以下のとおりお申し込みください。
■メールタイトル:「3/21デュルケーム研究会参加希望」
■メール本文:下記諸項を記載のこと
1.お名前
2.ご所属(なし・あり(学生・非常勤等ふくむ)→_________
 *2の追加情報=差し支えなければ→学部生・院生・PD・教員(非常勤含む)等
3.メールアドレス(研究会からの返信受取用)
4.ひとことメッセージ
5.当日どこから参加のご予定か(日本国内からの場合は不要)
■申込先:durkheimians[※]gmail.com  [※]を半角アットマークにしてご利用ください。
■折返し研究会からオンライン参加要領を送信します。
■備考:参加費無料です
 
 
■■■前回までの研究会
■■第39回研究例会[国際シンポジウム](コロナ感染対策のため全会場中止)
■【奈良会場】中止
2020年3月9日(月)13:30〜18:00 於:奈良女子大学
日仏社会学国際シンポジウム&ラウンドテーブルシンポジウム
<<社会学と人類学:比較分析の方法>>
Sociologie et anthropologie : méthodes d’analyses comparées
◆ジルダ・サルモン Gildas Salmon(国立科学研究センターCNRS・社会科学高等研究院EHESS)
神話の構造分析の誕生:デュルケーム、グラネ、レヴィ=ストロース
Naissance de l'analyse structurale des mythes: Durkheim, Granet, Lévi-Strauss
◆佐々木衞 SASAKI Mamoru(神戸大学名誉教授)
フィールド研究における方法としての『比較』:中国社会研究の経験から
La «comparaison» comme méthode dans les recherches sur le terrain: à partir de l'expérience des études sur la société chinoise
◆主催:日本学術振興会「学術研究動向等に関する調査研究」、日仏社会学会、デュルケーム/デュルケーム学派研究会
共催:奈良女子大学社会学研究会、神戸大学社会学研究会
 
■ラウンドテーブル 中止
2020年3月10日(火)10:30〜12:30 於:奈良女子大学
内容:サルモン氏を囲みフランスや日本の社会学事情・社会事情などについて自由に歓談
■【東京会場】中止
2020年3月20日(金・祝)13:30〜18:00 於:日仏会館
日仏社会学国際シンポジウム
<<モダニティを問い直す:デュルケーム、ブルデュー、さらにその先へ>>
Repenser la modernité: Durkheim, Bourdieu et au-delà
◆ジルダ・サルモン Gildas Salmon
近代人および非=近代人における機械的連帯と有機的連帯:ブルデューと進化主義の危機
Solidarité mécanique et solidarité organique chez les modernes et les non-modernes: Bourdieu et la crise de l'évolutionnisme
◆川本彩花 Kawamoto Ayaka (日本学術振興会特別研究員・滋賀大学)
趣味と階層:文化資本の日本的状況
Goût et stratification sociale: situation japonaise du capital culturel
◆山田陽子 Yamada Yoko (広島国際学院大学)
感情資本と新しい労働:有機的連帯の現代的位相
Capital émotionnel et nouveau travail: phase moderne de la solidarité organique」
◆主催:日本学術振興会「学術研究動向等に関する調査研究」、日仏社会学会、デュルケーム/デュルケーム学派研究会
共催:日仏会館・フランス国立日本研究所、公益財団法人日仏会館
 
■■第38回研究例会
2019年12月21日(土)於:奈良女子大学
2020年1月11日(土) 於:文京学院大学本郷キャンパス
内容:下記科研の成果報告書合評会
科学研究費補助金・基盤研究(B)「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か」(15H03409)
 
■■第37回研究例会
<<国際シンポジウム>>
■【東京会場】
2019年2月27日(水)13:30〜18:00 於:日仏会館
メディアと公共空間:メディアは誰のものか
Medias et espace public : à qui appartiennent les medias ?
◆シリル・ルミュー Cyril LEMIEUX (社会科学?等研究院EHESS)
フェイクニュース狩り:道徳的パニック?
Chasse aux fake news: une panique morale?
◆藤吉圭二 FUJIYOSHI Keiji (追手門学院大学)
「誰もが情報発信できる時代」に発信されないもの
What remains unshared in the age when anyone can be source of information
◆金瑛 KIN Ei(関西大学)
「ポスト真実」の時代における「記憶」と「記録」の関係
Relations entre « mémoire » et « enregistrement » à l’âge de « post-vérité »
◆主催:科学研究費補助金・基盤研究(B)「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か」(15H03409)、日本学術振興会「学術研究動向等に関する調査研究」、日仏社会学会、デュルケーム/デュルケーム学派研究会
共催:日仏会館・フランス国立日本研究所
 
■【奈良会場】
2019年3月4日(月)13:30〜18:00 於:奈良女子大学
デュルケームとタルド:その現代的意義
Durkheim et Tarde : leurs significations actuelles
◆シリル・ルミュー Cyril LEMIEUX
正常と病理のデュルケーム的概念とその政治的帰結
La conception durkheimienne du normal et du pathologique et ses conséquences politiques
◆赤羽悠 AKABA Yu(早稲田大学 / LIER-FYT)
神話としての民主主義:デュルケームにおける政治と人類学
La démocratie en tant que mythe : la politique et l'anthropologie chez Durkheim
◆笠木丈 KASAGI Jo(社会科学高等研究院EHESS博士課程)
ガブリエル・タルドと社会的無意識
Gabriel Tarde et l'inconscient social
◆主催:科学研究費補助金・基盤研究(B)「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か」(15H03409)、日本学術振興会「学術研究動向等に関する調査研究」、日仏社会学会、デュルケーム/デュルケーム学派研究会
共催:奈良女子大学社会学研究会
 
■ラウンドテーブル
2019年3月5日(火)10:00〜13:00 於:奈良女子大学
シリル・ルミュー氏を囲んで Table ronde : autour de M. Cyril LEMIEUX
 
■■第36回研究例会
2018年4月14日(土) 於:文京学院大学本郷キャンパス
■第1部:
平田文子
デュルケーム社会的連帯論における道徳的原理――「ユダヤの本質」に注目して
■第2部:科研関連ミニシンポジウム
デュルケーム社会学の形成・成立とその独自性――『社会学的方法の規準』成立の諸相(太田・吉本・赤羽・菊谷)
 
■■第35回研究例会
<<国際シンポジウム>>
■東京会場
2017年9月18日(月・祝)13:30〜18:00 於:日仏会館
社会の境界と社会学の境界―社会学のディシプリン再生はいかにして可能か―
Limites de la société / Frontières de la sociologie: Quels renouvellements pour la discipline sociologique ?
第一部 講 演
◆イヴ・デロワYves DÉLOYE (ボルドー政治学院(Sciences Po Bordeaux)院長、エミール・デュルケーム研究センター員)
La sociologie durkheimienne de la citoyenneté : apports et limites.
市民性をめぐるデュルケーム社会学――寄与と限界
第二部 報 告
◆岡崎宏樹(神戸学院大学)
非合理性と流動性――社会学の境界で考える
Irrationalité et liquidité.
◆荻野昌弘(関西学院大学)
不可視の他者――社会学的伝統の埒外にあるもの
La présence invisible d’autrui : ce qui échappe au cadre classique de la sociologie.
◆主催:科学研究費補助金・基盤研究(B)「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か――デュルケーム社会学を事例として」(15H03409)、日仏社会学会、デュルケーム/デュルケーム学派研究会
共催:(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所
 
■京都会場
2017年9月21日(木)13:00〜18:30 於:キャンパスプラザ京都
古典から現代へ―社会学のディシプリン再生はいかにして可能か
La sociologie durkheimienne et l'histoire : Durkheim peut-il être considéré comme un précurseur de la sociologie historique?
◆講 演 イヴ・デロワ
デュルケーム社会学と歴史学――デュルケームは歴史社会学の先駆者ととらえられ得るか? 
La sociologie durkheimienne et l'histoire : Durkheim peut-il être considéré comme un précurs
 
(科研各班からの報告)
池田 祥英 エスピナス、タルドからデュルケムへ(仮題)
江頭 大蔵 個人と社会の異質性とディシプリンの変容
中倉 智徳 デュルケーム受容の国際比較:東アジアを中心として
横山寿世理 デュルケーム社会学の受け継がれ方:教科書分析を通じて
 
◆主催:基盤研究(B)社会学のディシプリン再生はいかにして可能か(15H03409)、デュルケーム/デュルケーム学派研究会、立命館大学生存学研究センター
 
■奈良会場
2017年9月22日(金)11:00〜14:00 於:奈良女子大学
ラウンド・テーブル イヴ・デロワ氏を囲んで
◆主催:基盤研究(B)社会学のディシプリン再生はいかにして可能か(15H03409)、デュルケーム/デュルケーム学派研究会
 
 
■第34回(科研費研究「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か――デュルケーム社会学を事例として」第4回全体研究会)
■2017年4月15日(土) 13:00〜
■文京学院大学 本郷キャンパス B館410教室 マップは→こちら
 
■プログラム
総会 13:00〜13:30
報告 13:30〜17:30
第1部 自由報告 13:30〜15:00
赤羽 悠(東京大学)
「デュルケムの社会学的思考と政治哲学――「世論(opinion)」の概念を手がかりに」
  コメンテーター:池田祥英(北海道教育大学函館校)
  司会:中島道男(奈良女子大学)
 
第2部 科研関連報告ミニシンポジウム 15:15〜17:30
共通テーマ:社会学教育におけるデュルケーム/デュルケーム学派――日仏英米独の事例から
小川伸彦(奈良女子大学)
「索引の中のデュルケーム――装置としての教科書から<古典化>プロセスを解読する手法について」
横山寿世理(聖学院大学)
「デュルケーム社会学の語られ方――日本の社会学教科書分析を通して」
川本彩花(京都大学)
「日本の社会学教科書における理論・学説の教授法」
梅村麦生(京都大学)
「ドイツの大学教育における社会学史・社会学理論とデュルケーム――シラバスと教科書から」
白鳥義彦(神戸大学)
「日本およびフランスの社会学教科書におけるデュルケーム」
 
全体討議
  司会:江頭大蔵(広島大学)
●第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
●第2部は、全体討論の時間を30分ほど見込んでいます。
●例会終了後、情報交換会を予定しております。
 
■第33回
■2016年10月22日(土) 13:00〜
■奈良女子大学 文学系S棟128室 マップは→こちら
 
■プログラム
総会 13:00〜13:30
報告 13:30〜17:30
第1部 自由報告 13:30〜15:30
池田祥英(北海道教育大学函館校)
「デュルケーム/デュルケーム学派とガストン・リシャール」
  コメンテーター:北垣 徹(西南学院大学)
  司会:江頭大蔵(広島大学)
 
第2部 科研関連ミニシンポジウム 15:45〜17:30
「海外でのフランス社会学受容について――スペイン、韓国、台湾を事例に」
報告
「日程・概要など」 藤吉圭二(追手門学院大学)
「スペイン調査について」 吉本惣一(横浜国立大学) 川本彩花(京都大学)
「韓国調査について」 林大造(神戸大学) 中倉智徳(立命館大学)
「台湾調査について」 速水奈名子(神戸大学) 
  司会: 小川伸彦(奈良女子大学)
 
●第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
●第2部は、各35分(報告約25分・質疑約10分)・全体討論30分です。
 
 
■第32回
■共催:科研費研究「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か――デュルケーム社会学を事例として」
■2016年4月16日(土) 13:00〜17:30(予定)
■文京学院大学(本郷キャンパス)B館408教室 アクセスは→こちら 
 
■プログラム:
総会 13:00〜13:30
報告 13:30〜17:30
第1部 自由報告 13:30〜15:00
 芦田徹郎(甲南女子大学)
「人格的共同社会と人類的共同社会のあいだ――デュルケームのculte de l'hommeとサン=テグジュペリのculte de l’Hommeをめぐって」
  コメンテーター:梅沢精(新潟産業大学)
  司会:江頭大蔵(広島大学)
 
第2部 科研関連報告ミニシンポジウム 15:15〜17:30
共通テーマ「社会学的方法の規準成立の“周辺”」
 太田健児(尚絅学院大学)
「社会思想から“社会学”へ――実証主義の系譜の再編の試み」
 北垣徹(西南学院大学)
「ジャン=マリー・ギュイオーの宗教論と道徳論」
 小関彩子(和歌山大学)
「抽象的思考と具体的現実認識における社会の役割」
 
全体討議
 司会:小川伸彦(奈良女子大学)
 
●第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
●第2部は、各35分(報告約25分・質疑約10分)・全体討論30分です。
 
 
■第31回
■2015年10月10日(土) 13:00〜17:30(予定)
■奈良女子大学 生環系E棟107室 アクセスは→こちら 
 
■テーマ:調整中
 
■プログラム:
総会 13:00〜13:30
 
第1部:自由報告 13:30〜15:00
 
(1)9.11テロからイラク戦争へ――「集合意識」による解明・試論
    飯田剛史(大谷大学)
  コメンテーター:林 大造(神戸大学)
    司会:江頭大蔵(広島大学)
 
(2)ミニ報告:デュルケーム受容史をめぐって
   報告者調整中
  
 
第2部 科研関連報告ミニシンポジウム 15:15〜17:30
報告
江頭大蔵(広島大学) 「自殺論」の解釈史
岡崎宏樹(神戸学院大学) バタイユのデュルケーム解釈
中島道男(奈良女子大学) 「バウマンのデュルケーム解釈」
白鳥義彦(神戸大学) 「パーソンズに対するデュルケームの影響」
横山寿世理(聖学院大学) 「アルヴァックスに対するデュルケームの影響」
全体討議
    司会:小川伸彦(奈良女子大学)
 
*第1部の報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
*第2部の報告時間は15〜20分です。
 
 
■第30回
■2015年4月18日(土) 13:00〜17:30(予定)
■文京学院大学 本郷キャンパス B号館408教室 アクセスは→こちら 
 
■テーマ:デュルケムとベルクソン
 
■プログラム:
第1部:総会 13:00〜13:15
 
第2部:研究報告 13:15〜17:30
 
(1)デュルケムの「道徳的個人主義」について
    野々村元希(同志社大学大学院)
  コメンテーター:杉谷武信(日本大学)
    司会:小川伸彦(奈良女子大学)
(2)デュルケムとベルクソンにおける知性と知性を超えるもの――概念的思考の位置づけ――
   小関彩子(和歌山大学)
  コメンテーター:太田健児(尚絅学院大学)
    司会:江頭大蔵(広島大学)
 
*報告時間は40〜60分、コメントは15分です。
 
■第29回
■2014年10月11日(土) 13:30〜18:30(予定)
■和歌山大学教育学部 アクセスは→こちら 
 
■テーマ:
 
■プログラム:
第1部:総会 13:00〜13:15
 
第2部:研究報告 13:15〜17:15
 
(1)ブルデューとともに、ブルデューを乗り越える
――ブルデュー理論における主観/客観の関係についての再検討――
   村田賀依子(奈良女子大)
  コメンテーター:中倉智徳(大阪府立大学)
    司会:江頭大蔵(広島大学)
(2)デュルケーム命題集への試み
    大野道邦〔レジュメ参加〕・小川伸彦(奈良女子大学)・
    山田陽子(広島国際学院大学)・吉本惣一(横浜国立大学)(50音順)
    司会:小川伸彦(奈良女子大学)
    (附)科研費申請についての経過報告
 
 
■■趣旨
  世紀転換期のグローバルなレベルにおける社会的、文化的な変化の中にあって、最近、国際的にも国内的にも、デュルケームやデュルケーム学派の業績の再評価 の気運が高まってきている。わが国においても、若い世代を中心としてデュルケーム/デュルケーム学派に関心を抱く研究者が増えつつある。
  このような状況を考慮に入れつつ、前世紀転換期の古典であるデュルケーム社会学、および、その発展型としてのデュルケーム学派について調査・研究すること によって、現世紀転換期の社会・文化・人間の構造や動態を分析・説明・解釈するための基礎的・原理的なパースペクティヴを明らかにしたい。このために相互 啓発的な研究会を定期的に開催する。
 
■■沿革
  以上のような趣旨のもと2000年9月、奈良女子大学・大野道邦教授、奈良女子大学・中島道男教授、広島大学・江頭大蔵助教授(いずれも肩書きは当時)の 呼びかけにより、第1回研究会が奈良女子大学で開かれ、その後はこの3名が世話人となって半年に1回、4月と9月に研究会を開催してきた。発足5年目の 2004年にはジンメル研究会との共催で「高野山カンファレンス2004 デュルケーム=ジンメル合同研究会」が高野山大学(和歌山県)において開催され た。
 2005年5月より大野道邦教授(京都橘大学)が新たに設けられた会長に就任し、世 話人の後 任には小川伸彦助教授(奈良女子大学)が就任した。
 
■■会員のみなさま にお願い
 研究会メーリングリストに加入しておられない方、メーリングリストによるメール (2007年9月17日付で、本HPに次回例会情報がUPされた旨、お伝えしました)が届いていない方がおられましたら、世話人にご連絡ください。
 
■■■デュルケーム/デュルケーム学派研究会
■江頭大蔵(広島大学)
 
■小川伸彦(奈良女子大学)
 
 
 
■研究会へのお問合せはメールにて世話人あてお願いいたします。
 
■■研究会サイト管理人
■藤吉圭二(高野山大学)
 
 
震災お見舞い受賞お祝い
高 野山カンファレンス2004
トップ過去の研究会ニューズ レター
 
 
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 
本学トップ藤吉トップ